忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 07:16 】 |
さればウエディングドレスをもってテツガクす
さてどこにウエディングドレスのタグイマレな魅力を感じるのであろう~か?
その煌(キラ)びやかさゆえーに、やぱり《ウエディングドレス》がサンゼン(燦然)と輝かんとするそのキラメキが神々しくも感じられ、といってウエディングドレスを纏うハナヨメのその実態もなぜなのかキラキラを放出して、よりいっそー魅惑の世界へといざなわんとするそう、魔力に似たゲンウンが僕等を包み込んで離さないわ。
まったくウエディングドレスがそんなにまでも我々の心を魅了するからには、いったいその心眼をも惑わす本源的価値が潜在しているからに他ならず、だからといって尚も幻惑を与えるほどの質感の真偽のほどは僕にも想像がつかないレヴェルにあることは得てして言うまでもなし。
詰まるところ、そのほかのドレス形態と違って、挙式の際に着るドレスだけがどこかに神秘性を備えて、アマリアル価値観を侍らすのは際立って不可思議なものである。
そう、そのイメージが矢張り、直接的に私共の潜在意識の記憶に、CHARCHいわゆる教会とくっつけてイメイジさせる連携性も見逃してはいけない。WeddingdressとCharch、そこに宗教的な要素を感じるというよりは寧ろ、単なる挙式としての妄念が心理に染み渡っているからに他ならない。ウエディングドレスはそこまでに虚業の想念を本質的価値に持ち得て、だからこそ解き放つ魅了性を産み出しているといっても過言ではなし。
ぜんたい、否総じて、僕がイイタイのはウエディングドレスにひたひたと感じるミリョクについてその謎解きをしてみたいといった素朴な子供じみた疑問からであった。
とま、ウエディングドレスに冠しましてヤケにこむつかしい哲学を論じてしまうま(笑)。
PR
【2012/01/18 15:38 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | ウエディングドレス格安を手にいれたいよ、やっぱ・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>